医療関係者/行政/関連企業のみなさまへ
  • アイフレイルとは?
  • アイフレイルチェックリスト
  • 目の健康に関する意識調査
  • アイフレイル啓発活動
  • 日本眼科啓発会議について
医療関係者/行政/関連企業のみなさまへ

目の健康に関する意識調査

日本眼科啓発会議は、アイフレイルの啓発活動を進めるにあたり、40代以上を対象に、目の健康に対する意識、関心度、目の病気の知識度、加齢による目の機能低下に対する意識などを把握するため、「目に健康に関する意識調査」を実施しました。
以下に、調査結果の一部を抜粋して掲載します。

【調査方法】

調査手法:
インターネット調査
調査対象:
調査会社のモニターより抽出した40~89歳の男女
年代、性別、都道府県について、人口構成に準じてサンプル設計
対象者数:
有効回収数 13,157サンプル
実施時期:
2021年6月4日(金)~6月7日(月)

目の健康に関する意識と行動

現在、健康面で不自由を感じていることは何か、歯や耳(聴覚)、足腰(歩行や動作)、物忘れなど7項目を挙げて聞いたところ、「目(視覚)に関すること」が最も高く、47.7%と半数近い。

しかし、普段から健康維持・病気予防に努めていることを聞くと、「歯に関すること」が46.3%で最も高く、 「足腰(歩行や動作)に関すること 」(39.4%)、「目(視覚)に関すること」(26.1%)と続く。

さらに、今後、健康面で心配が増えると思うことを聞いたところ、「足腰(歩行や動作)に関すること」(53.8%)と、「目(視覚)に関すること」(52.7%)が高く、半数を超えている。

<性・年代別>
性・年代別でみると、目について「現在、健康面で不自由を感じている」は女性50代が55.2%と最も高い。
「今後、今後心配なことが増えると思う」も女性50代で61.6%と6割を超えて最も高い。次いで、女性40代が57.6%と続く。
「普段から健康維持・病気予防に努めている」については、男女ともに70代以上で4割近くで他より高く、年代が若くなるほど低く、40代では2割程度にとどまる。

自覚症状がある人の受診率

現在目について気になっていることを聞いてみると、「小さな文字が読みにくい」が最も高く、51.3%。「目が疲れやすい」42.8%、「視力が低下している」40.7%が続く。「特にない」のは11.5%。

性・年代別に見ると、「小さな文字が読みにくい」は50代、60代で6割前後。40代の上位は「目が疲れやすい」(男性47.5%、女性52.6%)、「視力が低下している」(女性46.0%)などである。

現在目について何らかの気になっていること(自覚症状)があると回答した人(全体の88.5%)に、目の検査を受けたか聞いたところ、3年以内に受けたのは全体の57.9%であった。

受診率を性・年代別で見ると、男女とも70代が7割近くであるのに対し、40代では5割前後と低い。

受診理由と受診の時期

目の検査を3年以内に受けた人を対象に、その理由を聞いたのが右のグラフである。

半年以内の受診割合が最も高いのは、「視界の一部が見えにくい」(64.8%)と「モノがゆがんでみえる」(64.8%)、次いで「モノが重なってみえる」(60.9%)となっており、これらが受診につながりやすい自覚症状であると考えられる。

「1年以内」まで期間を延ばすと、「健康診断に含まれていた」 (44.8%)が最も高い。

目の病気の認知度と理解度

目の病気について、聞いたことがあるか、聞いてみたところ、「老眼(老視)」「近視」「白内障」「緑内障」「遠視」は8割を超えたが、「加齢黄斑変性」は45.8%、「糖尿病網膜症」は33.8%であった。

さらに、同じ項目で、説明できるか、聞いたところ、最もギャップがあるのが「緑内障」で、8割以上の人が認知しているものの、「説明できる」のは認知者の中でも25.7%にとどまっている。

緑内障の診断経験

緑内障と診断されたことがあるのは全体の6.4%で、男性70代以上では11.3%、女性70代以上では9.0%である。

緑内障の診断を受けたときの状態は、「何も問題は感じていなかった」が最も高く、59.1%。「視力が低下していた」(21.7%)、「見えにくい部分が生じていた」(17.1%)が続く。

診断を受けた人が眼科を受診した理由は「検診を受けて問題があると言われたから」(53.0%)、「眼科を受診中に、眼科医に勧められたから」(29.6%)など。

以下は、緑内障と診断された人のみ回答

「何も問題は感じていなかった」人のみ回答

アイフレイルに対する意識

アイフレイル(加齢による目の機能低下)を感じているか、聞いたところ、「とても感じている」(14.6%)、「少し感じている」(45.4%)。全体の6割はアイフレイルを感じている

性・年代別に見ると、最も高いのは女性50代で71.4%。女性60代も69.9%と高い。反対に、最も低いのは男性40代で45.9%と半数以下。女性40代も51.3%と低い。

アイフレイルに対する意識が高いのは、男性より女性、年代は50代以上で、40代は男女とも低い。

さらに、アイフレイルを予防したいと思うか、聞いてみると、全体の83.4%が予防したいと回答している。

性・年代別に見ると、男性よりも女性の予防意向が高く、女性60代では90.3%、女性50代では89.6%にのぼる。最も予防意向が低いのは男性40代で、73.4%にとどまる。

調査結果ついて、詳しくはPDF版
(1,488K)をご覧ください